電子ピアノがまだ新しいので買い取ってもらいたい

「習い事」は約2年未満で半数の人がやめる

習い事としてピアノを始めても継続することが出来なくなる場合があります。
残念ながらピアノも時間や相性など「合わない」となると違う習い事に移るようになります。

「習い事」は約2年未満で半数の人がやめるというデータがあります。

ベネッセ教育情報
2年未満で習い事をやめる理由は「お子さまと習い事の相性」

https://benesse.jp/kyouiku/201001/20100128-1a.html

弾かなくなっても新しい楽器なら尚更「また始めるかもしれない」「もっと音楽を楽しみたい」と思うかもしれません。
プレゼントで購入した楽器なら手放すのも申し訳ないという気持ちになるかもしれません。

しかし、ピアノを弾くことをやめても、少しでも高価に電子ピアノを売却し、次の習い事などに繋がるようにしていただければと思います。

電子ピアノ専門業者の買い取りが断然お得

近年では騒音や置き場所の問題などから電子ピアノをご利用が増えていますが、電子ピアノと言えど、大きく高価な楽器です。
粗大ごみとして処分することも考えることができますが、処分費用もかかります。
その処分費用はピアノ本体だけでなく、付属の椅子にもかかります。

近年の電子ピアノは鍵盤のタッチの向上や音質の向上により重くなっています。
さらに粗大ごみの場合は自力で収集場所まで運ぶ必要があります。

処分費用のかかる機種(20年以上前の機種など)は処分の方が安くなるかもしれませんが、10年以内さらに5年以内の機種については専門業者の買い取りが断然お得です。

電子ピアノ高額買取 | 電子ピアノがまだ新しいので買い取ってもらいたい

電子ピアノ専門業者がなぜお得なのか

電子ピアノ専門買取の場合はそのまま販売になるので、お見積り金額の査定が高くなります。
売りたいと思った時に売却出来るのでスケジュールを立てやすくなります。

配送も同様にスケジュールを組みやすく、部屋に置きっぱなしでもお任せで大丈夫のところが多くなっています。
特に階段の運搬は危険なので、お任せできるのは安心です。

また機種についても詳しいので査定ミスもなく写真などでも対応可能になります。

個人売買は高価だけど

メルカリやヤフオク、ジモティーなど個人での販売も今は簡単に行うことが出来ます。

もちろん個人で販売すると間違いなく一番高く売ることができます。
しかし、これに伴うのが販売と運搬の難しさです。

電子ピアノも高額なので、思ったときに思ったように売れるとは限りません。
個人売買でもピアノ業者と販売競争となりますので、なかなか売れる結果に結びつくようになりません。

さらに配送の難しさです。

電子ピアノは大型で、さらに楽器扱いになるので通常の配送では送ることが出来ません。
そのため、配送費が高価になります。
特に遠距離の場合は配送を断られることも多くなるので、見積が必須になります。

配送手続きが大変になるので購入者に引取に来てもらう方法もありますが、住所が分かるようになるので、個人情報の観点からはおすすめは出来ません。

安全面や配送手続きのことも考えておきましょう。

電子ピアノ高額買取 | 電子ピアノがまだ新しいので買い取ってもらいたい

新モデルが出ると値が落ちる

電子ピアノは3年ほどで新モデルが発表されます。

新モデルが発売されると新しい電子ピアノでも査定額が下がります。
弾かない場合は新モデルが出る前に売却することをおすすめします。

電子ピアノ高額買取 | 電子ピアノがまだ新しいので買い取ってもらいたい
電子ピアノ高額買取 | 電子ピアノがまだ新しいので買い取ってもらいたい

電子ピアノ高額査定はこちら

電子ピアノ高額買取 | 電子ピアノがまだ新しいので買い取ってもらいたい